葬儀後にすること

寺院・神社・教会へのお礼

●直接出向いてお礼を
葬儀の翌日、遺族はお世話になった寺院・神社・教会に出向いてあいさつをし、お礼を手渡します。
葬儀の終わった時点で、ひと言「明日ごあいさつに伺います」と告げておくとよいでしょう。
服装は、平服でもかまいません。
翌日の都合がつかないときは、葬儀の当日にお礼をしますが、別室で「本来は直接伺ってお礼を申し上げるべきところですが・・・・・・」ときちんとあいさつして、渡しましょう。

お金は、白い封筒に入れます。
宗教者自身の不幸ではないので、不祝儀袋には入れません。
できればふくさに包んで持参し、ふくさを開いて、相手から見て、表書きが正面になるように手渡します。
封筒の表書きは、宗教により異なります。

●仏式のお礼は「御布施」
戒名をいただいたこと(授戒)と、通夜・葬儀・火葬の導師を務めていただいたお礼を一括し、表書きは「御布施」とします。

「戒名料」「読経料」などとはしないので注意しましょう。
導師以外の僧侶へのお礼は別包みにして、表書きは「御礼」として、導師に預けます。
「お車代」を別途に包む場合もあります。また、通夜振る舞いや法事後の会食に僧侶を招きますが、出席できないときは、「お膳料」を包みます。

●神式のお礼は「御祭祀料」
神式では、斎主(式を司る神職)、斎員(その他の神職)、伶人(奏楽を行う楽師)のそれぞれに、別々にお礼を包みます。
表書きは、「御祭祀料」か「御礼」とします。

●教会へのお礼は「献金」
教会へのお礼は、表書きを「献金」とします。
それとは別に、司祭(牧師)や、聖歌(讃美歌)の伴奏をするオルガニストにお礼を包みますが、この表書きは「御礼」にします。

●金額の目安は葬祭業者に聞く
いまは宗教者側で、金額をしっかり提示する場合もありますが、本来お礼は感謝の気持ちを表すものですから、金額の決まりはありません。
見当がつかないときは、葬祭業者に相談すると、地域の慣習となっている金額を教えてくれます。檀家総代のような立場の人に聞いても、その寺や神社や教会の相場がわかってよいかもしれません。

寺院・神社。教会への謝礼は、相続財産から控除されるので、必ず領収書をもらうようにします。金額を入れた領収書を喪家側で持参し、サインをもらいます。なお、直接渡せなかった人の分は、「預かり金」として仮領収書を、手渡した人からもらいましょう。

碑文谷 創 『臨終から納骨、法要まで お葬式』小学館、2005年、116-117ページ

葬儀場・斎場検索サイト「葬儀ナビ」

葬儀社情報掲載について

バナー広告掲載について